随心記録

浪人生です。何となく書いています。読みたかったら読んでください。

人間 にんげん ニンゲン human humain

早いことで予備校が始まって1ヶ月半。こんにちは。毎日忙しく過ごしていて、ブログなど忘却の彼方だった。

元同級生の方からあまりにもブログが目に余るそうで連絡が来た。まあそれは読んだらそう思うだろう。自分で読み返してみても酷いもんだ。それでも、そういう思いを断ち切れたかと聞かれたら、全く断ち切れてはいないけれど、それなりに前を向いてるよ、と答える他ない。所詮命を自ら絶つ勇気などない私だから。そんなこんなで久しぶりにキーを押している。

 

昨日は模擬試験だった。結果はまあいいでだろう。判定なんてただのアルファベット。固執するのがいかに愚かは充分学習済。

国語の小説で、ハンセン病患者を題材としたものが出題された。人間としてじゃなくて、ハンセン病患者として生きる意義を見出そうよ、みたいな文。ハンセン病患者だって同じ人間なのに、だ。人間たることを諦めて別物として生きようよ、こんな悲しいと言うか無情なストーリーがよく許されたなと思った。浪人もそんなもんだ。結局1年(?)遅れるのがどれだけ愚かしいことか。英語では数学は暗記じゃないよ、暗記だけの子は1年勉強が遅れるよ、という文章が出題された。余計なお世話だ。アルファベットの羅列まで現実を突きつけるな。よくこんなもの模試に出してくれたなあと恨めしくも思う。要は数学的論理思考能力が欠如してたら受け入れてくださる大学など無いと高らかにのたまうているんだろう。困った困った。

 

ここまで読んで、こいつ4月から変わってないなと思った方。違います。実はと言うか、実際、予備校を意外とエンジョイしてしまっている。クラスも25人と少なく、授業も満足出来るものだ。友達もできた。

普通に友人が出来てしまうのが良きことか、悪しきことか、分からないけど、人間らしくない?人間は関係性があって初めて個体認識を受けるんだし。同じ運命を受け入れてしまった同じ年の人間が集まれば集団意識を持つはずだし、その通りに交友が生まれていくもんだ。

あと、学問は暗記ではない事を毎日毎日痛感させられている。英語を深くまで掘り下げて解説してくれるチョークを折りまくるおじさん、毒舌だけど数学の解説は異常にわかり易いおじさん、文章を読みほぐす事がどういうことか教えてくれるおじさん。

なるほどの連続だ。暗記ばかりやってた去年の勉強は本当に味気なかったと今振り返って思う。逆によく暗記だけであそこまで引っ張ったと悪い意味で感心している。今大学生の方々はこういう体験が出来ないと思うと可哀想だとも思うが、それは言い過ぎだ。学問は本来頭を使って考え、それを表現していくことが重要なのに、それを忘れてしまっていた。

一朝一夕で成績が伸びることは無いし、長年暗記メインでやって来た自分を叩き直すのは時間がかかるのは百も万も承知だけど、去年より何か少しでも変わればそれでいいと思っている自分がいる。第一志望だ、学歴だなんだ、と考えてしまうのはやめられないが。仕方ない。一層の事、現総理大臣を打倒する革命が起きるか、北のお偉い方が何某を撃つか、南がナントカ合意を破棄するかして極東情勢を混沌に落ちたら学歴なんて関係なくなるはずだ。無論体力のない自分はもっと用無しだけれども。それとも己が革命を起こせばいいのか。ラ・マルセイエーズでも歌っておこう。

毎回こういう締めくくりになるのは、自分の根本の考えがそういうものだからなのだろうが、とりあえずでも存在し続ける事が求められていると思う。悲観的でも生きていけばそれはいつか存在証明になるはずだから。自己を認識出来ているだけでも、無知の知を認識しているだけでも、幾分か1ヶ月前より人間らしさを得たかもしれない。人間らしさって自分の理想とする人間が分からないのによく言ったもんだ。

 

 

 

 

もしかしたら、意外と私の事を現実で知っていた方がこれを読んでいらっしゃるようです。筆者の知りあいでこのブログを読んだ方は良かったら連絡が欲しいです。どんな事を思うのか純粋な興味があります。

それでは、次は夏になったらでしょうか。いつでしょうか。さようなら。